電話の営業

テレアポのこれまでの歴史とは

テレアポとはテレフォンアポインターの略称であり、電話を使った営業や勧誘、またかかっていた問い合わせやクレームなどの対応を行う仕事です。テレアポは電話が一般家庭に普及した30年以上前から行われている営業方法です。 通販会社や信販会社などコールセンターを導入してお客様への対応を行っているのですが、最近では自社でコールセンターを導入せずに専門業者へ委託する方法が利用されています。 テレアポはかなりの人数が必要となり、人件費や教育費、また設備費などコストがかかってしまいますが、業務を委託すればこれら費用を削減することができるのです。 またしっかりと電話対応の教育が行き届いたオペレーターが対応するため、質の高い電話対応を利用することができるのです。

これからの動向について

テレアポは営業や勧誘などのアウトバウンド、問い合わせや商品受注などのインバウンド業務があり企業にはなくてはらない業務です。 しかしテレアポを自社で行うには時間もコストもかかってしまうため、最近では電話代行業者に委託する企業も増えています。電話業務を委託することによって本来の業務に集中することができ、質の良い対応、コスト削減など得られるメリットが沢山あるからです。 今後もテレアポ業務は自社で行うのではなく、専門の業者に委託する企業が増えてくるものと考えられます。質のよい対応が出来るオペレーターが在籍しているため、自社で教育するよりも顧客への印象もよくなるのです。 最近では電話代行会社が増えていますが、今後も低コストで質の良い電話代行会社が増えることが予測されます。